鍵紛失が空き巣被害の入り口~内鍵回し対策の鍵へ交換しよう~

鍵紛失のツケは大きい!

鍵

鍵紛失してしまった場合は、鍵の複製だけではなく交換を含めた対応を行なう必要性があります。ここで、鍵交換の必要性を紹介します。

なぜ鍵交換が必要となるのか

空き巣に入られる危険性がある
いかにプロの空き巣といえども、鍵だけでどの家のものかを特定することはできません。しかし、鍵紛失をした瞬間を見られていた場合、顔を覚えられたことで住所を特定される可能性はあります。また、多くの人の生活圏は狭いため、鍵紛失した場合、自宅付近に落ちていることがあります。空き巣はしらみつぶしに鍵を使用し、どの家のものかを調べることもあるため、鍵を落とした場合は注意が必要なのです。
自宅の防犯性を高めることができる
空き巣などの犯罪行為を行なう人の中には、特定の犯罪グループに入っている人もいます。グループ内で鍵開けの方法を共有しているため、旧いシリンダータイプの鍵などでは簡単に解錠されてしまうでしょう。近年流通している鍵は、防犯対策済みのものも多くあるため、最新のものに鍵交換するだけで効果的にセキュリティ対策ができます。

まとめ

近年では空き巣の手口も巧妙化しており、被害件数も徐々に増加しています。鍵紛失をしてしまった場合、いつ空き巣被害に遭うかわからない危険な状態となります。

近年急増している空き巣手口~内鍵回し~

鍵の改良により、時期問題となったピッキングによる侵入被害は減少傾向にあります。しかし、内鍵回しといった侵入は最新の鍵でも対処が困難です。ここでは内鍵回しで聞かれる質問を紹介します。

内鍵回しに関してよく聞かれる質問

内鍵回しとはどのような手口ですか?
内鍵回しとは、部屋の内側から鍵を掛けるときに使用する「つまみ」を外側から操作し、解錠する方法です。代表的な方法は、新聞受けの隙間やドアスコープを取り外した穴から器具を差し込み、つまみを動かす方法です。器具の差し込みができない場合、ドリルなどで穴を開けて行なうこともあります。
内鍵を掛けるつまみがあれば、最新の防犯対策済みの鍵でも簡単に開けられてしまうので、非常に厄介な手法です。
対処法はないのでしょうか?
有効な対策方法は、鍵屋に依頼して内鍵回し対策のための施工を行なってもらうことでしょう。つまみを回しても空転する鍵や、専用のキーで開け閉めする内鍵を取り付けてもらうことで対処できます。また、内鍵を回されても開けられないよう、補助錠などの鍵を増やす方法も効果的です。

まとめ

カギ

内鍵回しなどの手法もあることから、鍵紛失をしていない人も油断は禁物です。最も効果的な防犯対策は、鍵屋に相談して最新の防犯鍵を取り付けてもらうことでしょう。

TOPボタン